「育毛」と「増毛」の違いについて

髪の毛の薄さや少なさ、抜け毛具合が気になってくると、誰もが育毛や増毛をしようと思いがちです。
頭皮や髪の毛の悩みにはあらゆるアプローチ方法があり、個々人のよって向いている方法は異なっていますから、自分に合う方法で頭皮の悩みを解決するのが一番です。
そのうえで、育毛と増毛を混同して考えている人が多いと言われています。

頭皮の悩みを解消できる代表的な手段のひとつである「増毛」というのは、すでにある髪の毛の1本1本の自毛に人工的に作られた毛髪を何本かまとめて結びつけたり、自毛のなかに人工毛髪が結着されている非常に細い糸をうまく紛れこませたりすることによって、髪の毛の分量を自然にではなく人工的に増やして頭皮を目立たなくするというものです。
すなわち、自分の髪の毛だけではなく、人工的に作られた毛もあわせて使うアプローチというわけです。
この点が、育毛とは決定的に異なっています。

増毛に対して「育毛」というのは、人工的な髪の毛を使ったアプローチというのは一切ありません。
育毛は、すでに現時点で自分の頭皮に生えている自分の髪の毛を育てたり成長させたり太くさせたりして頭皮を目立たなくするというアプローチです。
髪の毛に人工的な髪を括りつける増毛よりは髪に対する負担が比較的少ないといえます。

カテゴリー: 育毛 タグ: , , , , , パーマリンク