育毛に効果のある正しい洗髪の方法

育毛をしたいと思っている人にとって非常に大切な存在のひとつが、「洗髪」です。
育毛というと育毛剤はサロンでも育毛対策ばかりに気が向きがちですが、毎日の日常生活を改善することで育毛につなげることも充分に可能です。
そのうえで、洗髪は大きなポイントとなる日課のひとつなのです。
正しい洗髪の手順を実践することで効果的に育毛をおこなうようにしましょう。

洗髪を始める前にはかならずブラシを使ってブラッシングをしながら髪の毛のもつれを解消します。
そして、38℃程度のけっして熱すぎないお湯を使って頭皮を傷つけることのないよう優しく3分間ほどすすぎます。
すすぎ終わったら、手に500円玉と同じぐらいの量のシャンプー剤を手のひらに取って少量のお湯でよく泡立て、頭皮になじませます。
この際、面倒でもシャンプー剤を原液の状態で使わないことが大切です。

頭皮にシャンプー剤を付けたら、指の腹を使って頭皮全体をやさしくほぐすように洗っていきます。
指を髪の毛の根元に刺し込んで小刻みに動かしながらマッサージして毛穴にたまった汚れをしっかりと落としていきます。
洗い流す際にはぬるま湯を使って3分以上かけて丁寧にすすぎ、髪の毛や頭皮にシャンプー剤が残って炎症をきたさないように注意してください。
洗髪が終わったら、髪をゴシゴシとこすらないようにしながらしっかりと乾いたタオルで髪の毛を押しあてたり挟んだりしながら乾燥させます。

 

カテゴリー: 育毛 | タグ: , , , , , | 育毛に効果のある正しい洗髪の方法 はコメントを受け付けていません。

「育毛」と「増毛」の違いについて

髪の毛の薄さや少なさ、抜け毛具合が気になってくると、誰もが育毛や増毛をしようと思いがちです。
頭皮や髪の毛の悩みにはあらゆるアプローチ方法があり、個々人のよって向いている方法は異なっていますから、自分に合う方法で頭皮の悩みを解決するのが一番です。
そのうえで、育毛と増毛を混同して考えている人が多いと言われています。

頭皮の悩みを解消できる代表的な手段のひとつである「増毛」というのは、すでにある髪の毛の1本1本の自毛に人工的に作られた毛髪を何本かまとめて結びつけたり、自毛のなかに人工毛髪が結着されている非常に細い糸をうまく紛れこませたりすることによって、髪の毛の分量を自然にではなく人工的に増やして頭皮を目立たなくするというものです。
すなわち、自分の髪の毛だけではなく、人工的に作られた毛もあわせて使うアプローチというわけです。
この点が、育毛とは決定的に異なっています。

増毛に対して「育毛」というのは、人工的な髪の毛を使ったアプローチというのは一切ありません。
育毛は、すでに現時点で自分の頭皮に生えている自分の髪の毛を育てたり成長させたり太くさせたりして頭皮を目立たなくするというアプローチです。
髪の毛に人工的な髪を括りつける増毛よりは髪に対する負担が比較的少ないといえます。

カテゴリー: 育毛 | タグ: , , , , , | 「育毛」と「増毛」の違いについて はコメントを受け付けていません。

頭皮の悩みを改善する育毛と植毛の違い

髪の毛が細くなってきたり、以前よりも大量に抜けるようになったり、とにかく頭皮が目立って気になったりと言う人は、髪の毛を少しでも増やしたり元気にさせたりしようと思います。
頭皮の悩みを改善する方法にはさまざまあり、育毛や植毛もその代表格です。
しかし、育毛と植毛の違いがいまいちわからないという人も少なくありません。

「育毛」というのは漢字で「毛を育てる」と表記している通り、頭皮に今すでに現存している髪の毛を今以上に健康的に育てることによって頭皮を目立たなくしようというアプローチです。
すなわち、新しく毛を生やすというわけではありません。
現時点で頭皮に生えている髪の毛を長くかつ太く成長させて早期に抜け落ちてしまうことがないよう毛根を丈夫にしようということですから、もしもすでに気になる部位に髪の毛が生えていないという場合であれば育毛は不可能です。

これに対して、「植毛」というのは、頭皮にある毛穴に対して人間の毛やもしくは人工的に作られた髪の毛を自然にではなく人工的に植えつけることで頭皮を目立たなくするというアプローチです。
人間の毛を受け付ける場合には、他人の毛のみならず自分の毛を活用することも出来ます。
場合によっては拒否反応が出たり化膿したりすることもありますが、今日では一番確実な薄毛の解消方法とされています。

カテゴリー: 育毛 | タグ: , , , , , | 頭皮の悩みを改善する育毛と植毛の違い はコメントを受け付けていません。

育毛のひとつであるHARG療法とは

育毛にはさまざまなアプローチ方法がありますが、最近注目されていえるのが、ハーグ療法(HARG療法)と呼ばれている最先端の予防療法です。
日本ではまだあまり耳にされていないハーグ療法というのは、医療機関だけでしか施術が認められていないというAGA抜け毛予防の療法として広まって来ています。
韓国やヨーロッパにおいてはすでに多数の成功実績があり、増毛効果や育毛の効果はもちろん、安全性についてもきちんと確立されている治療法です。

育毛の最先端とも言われるこの治療法は、AGA男性型脱毛症の治療を受けたいという人だけではなく、毛髪の再生に効果がある成長因子というグロースファクター(Growth Facto)を使っている画期的な発毛治療として有名です。
また、この成長因子というのは、専門の医療機関だけで使用が特別に許された薬剤です。

AGAというと男性のイメージがありますが、ハーグ療法は男性だけではなく女性にもかなりの効果が期待できるとされており、毛髪の再生医療ということで継続して一定期間続けて治療を受けることが大事です。
もちろん個人差はありますが、だいたい6カ月ほどの治療で9割以上の方が効果を実感できるとされています。
継続さえすれば効果を得やすい方法というわけです。

ハーグ療法では直に頭皮へ薬剤を細い針の注射で毛根に届けます。
また、治療自体は10分程度で終わります。
注射するので痛みは少しだけあるものの、大変細い針ですから安心です。

カテゴリー: 育毛 | タグ: , , , , , | 育毛のひとつであるHARG療法とは はコメントを受け付けていません。

暮らしのなかで実践できる育毛の方法

頭皮が目立ってしまったり髪が弱かったりすることで悩んでいる人は、なんとかして育毛をしようと思うものです。
育毛をしようと考え始めると、多くの人が育毛剤を買いに走ったり、育毛を手掛けている専用のサロン等を探したりといったことばかり思い付きがちです。
しかし、育毛というのは、毎日の暮らしのなかでもちょっとした意識で充分におこなうことが出来ます。

まず、なんらかの病気を持っているという人は、内臓からくる病気のせいで抜け毛がひどくなることも多いのですので、しっかりと治すことに努めましょう。
毎日の睡眠はきちんととり、栄養バランスの良い食事を摂取することを心掛けることも大切です。
常に頭皮は清潔な状態を保つととともにマッサージやブラッシングなどで毎日頭皮をほぐしてあげると効果があります。
また、肩こりも原因になりますので、肩や首回りを揉んでこりをほぐすのを日課にすると良いでしょう。

ヘアケア化粧品やシャンプーは上質なものを選ぶということも大切です。
高価である必要はありませんので、質の良いものを使うようにしましょう。
粗悪なカラーやパーマ等も避けてください。
また、ストレスを抱えると頭皮へも悪影響をきたしてしまいますので、日頃からあまり深く思い悩んだり考え込んだりしないように心掛け、できるだけストレスの無い生活を送るようにすることも大事です。

 

 

 

カテゴリー: 育毛 | タグ: , , , , , | 暮らしのなかで実践できる育毛の方法 はコメントを受け付けていません。

内科的疾患からくる脱毛症に対する育毛

薄毛や抜け毛で育毛をしたいという人々には頭皮や髪の毛になんらかの問題があると思われがちですが、かならずしもそうとは限りません。
頭皮や髪の毛が健康でとくに問題がなかったとしても、髪がたくさん抜けてしまったり頭皮が目立ったりして悩んでいる人もいます。
内科的な疾患による脱毛症がこれにあたります。

ほかの病気の治療や悪化の影響を受けて髪の毛が抜けていくことを内科的疾患からくる脱毛症を呼びます。
内臓における何らかの病気が原因となって身体が衰弱してしまうと、健康な状態を保つためには大量のエネルギーが必要になる髪の毛まで充分な栄養分を送り届けることができなくなってしまいます。
そのため、髪の毛が抜けてしまうというわけです。

この脱毛症の原因となる病気としては、甲状腺機能低下症や肝硬変などの肝臓病、糖尿病のようなホルモン異常、重度の貧血のほか、思春期に無理なダイエットをしようとして食事が食べられなくなり、体重が減ったり生理不順になったりする思春期拒食症なども挙げられます。

育毛をしたいとすぐに育毛剤に走ろうとする人もいますが、内科的疾患からくる脱毛症は原因となっている病気を改善することによって抜け毛も解消されます。
育毛だからと頭皮や髪の毛に働きかけるのではなく、原因の病気を治すことが大切です。

 

 

カテゴリー: 育毛 | タグ: , , , , , | 内科的疾患からくる脱毛症に対する育毛 はコメントを受け付けていません。

びまん性脱毛症と育毛の関係について

育毛をしたいという人は男女とわず深刻な悩みですが、女性特有の頭皮の悩みとして挙げられるのが「女性のびまん性脱毛症」という症状です
この病気にかかると頭部の広範囲にわたって全体的に髪の毛がどんどん抜けて薄くなっていってしまいます。

この病気というのは、とくに頭頂部あたりの皮膚が目立つようになり、中年以降の女性に見られがちな症状です。
男性型の脱毛症と一緒で成長していくことを途中で休む「休止期毛」の割合というのが自然と多くなってしまい、そのせいで抜け毛が増えて徐々に脱毛症が進んでいってしまいます。
とはいうものの、男性型の脱毛症とは違って前頭部のヘアラインいわゆる生え際の後退というのはほとんど見られず、頭皮全体の髪の毛が抜けていきますから、脱毛部分の境界というのはいまいちはっきりしていません。

この症状が原因で育毛したい方の治療方法というのは、育毛剤が挙げられます。
この場合の育毛剤と言うのは、栄養剤や血管拡張剤といったホルモン剤以外の薬剤がほとんどの場合で選ばれます。
そのなかでも、植物から取られる多糖類は女性にとても効果的であると言われています。
生活様式の改善
また、ダイエットやストレス、必要以上のヘアケアなどが原因で生じることもあります。

 

 

カテゴリー: 育毛 | タグ: , , , , , | びまん性脱毛症と育毛の関係について はコメントを受け付けていません。

育毛が気になる人と睡眠の深い関係

育毛をしたいというと育毛専用サロンに通ったり、育毛剤を使ったりということばかりに意識がいきがちです。
しかし、日々の生活サイクルを改善するということだけでも育毛に効果があるとされています。
たとえば、毎日の睡眠も育毛に大きな影響を与えているのです。

睡眠というのは、私たちの体にとって絶対に欠かせない休息や成長、修復のための貴重な時間です。
私たちが寝ている時、私たちの体の中では「成長ホルモン」が分泌されています。
この成長ホルモンとは髪の毛はもちろん、体の中のあらゆる組織において成長や修復を促進してくれる存在です。
睡眠が始まってからおよそ30分で成長ホルモンが分泌され始め、2時間から3時間ごとに分泌されていきます。

普通は眠ってからだいたい1時間ほどして成長ホルモンの分泌量がもっとも多くなります。
この時間帯が、育毛のゴールデンタイムだと言われています。
このゴールデンタイムには成長ホルモンによって髪の毛はもちろん、筋肉や皮膚などが精力的に育成されます。
この時間帯にきちんと栄養を補給できるように、修身の3時間前には食事を済ませ、たんぱく質や亜鉛、ビタミン類をたっぷり含んだ夕食を積極的に食べるように意識するようにしましょう。

カテゴリー: 育毛 | タグ: , , , , , | 育毛が気になる人と睡眠の深い関係 はコメントを受け付けていません。

育毛に効果があるとされている馬油の効能

皆さんは、「馬油(ばゆ)」を使って髪の毛や頭皮を洗ったことがありますでしょうか。
馬油は、髪の毛をさらさらにしてくれるという口コミで女性を中心に人気があり、馬油を使ったシャンプーもたくさん開発、発売されています。
しかし、この馬油は育毛という観点からも大きな効果を発揮してくれるのです。
近年では性別や年齢に関係なく、育毛の一環として馬油が配合されたシャンプーやトリートメントを日常的に使っているという人がどんどん増えてきています。

馬油には、過剰に分泌されてしまう皮脂を抑制するという作用があります。
そして、この作用とあわせて、馬油が浸透した場所の血液の流れを促進してくれるという効果もあります。
そのため、近年では効率浴育毛効果を得ることが出来るヘアケア用のアイテムとして非常に高く評価されています。

馬油がとくに秀でている点としては、人間の皮脂にかなり近いというメリットが挙げられます。
自然界に存在しているオイルののなかで、馬油は人間の皮脂にもっとも近いとされており、頭皮への浸透性も効果も群を抜いて高いことで定評があるのです。
椿油やホホバオイルなどもヘアケアアイテムによく使われますが、とくに育毛という観点から馬油の人気が高いのはこのためです。

 

 

カテゴリー: 育毛 | タグ: , , , , , | 育毛に効果があるとされている馬油の効能 はコメントを受け付けていません。

納豆と唐辛子が育毛に効果的な理由

育毛に興味があるという人のあいだで今注目されているのが、唐辛子を添えた納豆です。
熊本大学のある研究チームが、「カプサイシン」という唐辛子の主成分と「イソフラボン」という女性ホルモンに近い作用をもった大豆の成分に育毛を促進する効果があるということを解明したと発表したからです。
カプサイシンには毛母細胞を増やすという作用があり、イソフラボンにはヘアサイクルを伸ばしてくれる因子を増加させる作用があることがわかりました。
カプサイシン6mgとイソフラボン75㎎分のサプリメントを1日3回摂取したところ、1週間後にはまゆ毛や頭頂部やまゆ毛に発毛が見られたという実験結果があります。

プサイシン6mgを日々の食事で食べ続けるのは結構大変です。
たとえば一味唐辛子のよくある1瓶で15gということを考えると2g相当を毎日食べなければいけなくなります。
そのため、無理なく育毛に効果のある量を摂取するには、マイルドな辛さの韓国の唐辛子がおすすめです。
納豆はもちろん、お味噌汁に入れても辛みが強くないので摂取しやすいからです。

また、イソフラボン75mgという量は、納豆1パックで約60mg、お味噌汁であれば1杯で約20g含まれていますので、割と摂取しやすいでしょう。
納豆とお味噌汁にあわせて、豆腐1丁と豆乳100ml程度で27mg摂取できますから、比較的クリアしやすいと言えます。
どうしても難しければ、サプリメントで摂取しましょう。

 

 

カテゴリー: 育毛 | タグ: , , , , , | 納豆と唐辛子が育毛に効果的な理由 はコメントを受け付けていません。